若い子から熱い支持を集めるみちょぱ|タレントの極意

  1. ホーム
  2. 片っ端から受けてみよう

片っ端から受けてみよう

マイク

芸能界入りができやすい

芸能人になりたい人は、いろいろなオーディションを受けてみましょう。最初から俳優になりたいという人は、当然、演技力を見るオーディションがお勧めです。一方、歌手になりたいという人は、ボーカル向けのオーディションを受けてみましょう。ソロデビューを目的としていないものもあり、中にはバンドのボーカルを探しているというものもあります。いずれにしても、歌手デビューには違いありません。まずは芸能界入りを目的に、どんなものでもどんどん受けてみることをお勧めします。オーディションの情報は芸能事務所のホームページや、オーディション雑誌、サイトなどで知ることができます。日頃から定期的にチェックしておくといいかもしれません。

覚えられることがある

ボーカル向けのオーディションを何度も受けることで、審査員に覚えてもらえることがあります。そのオーディションには落ちてしまっても、別のバンドのボーカルに推薦されたり、別の事務所にスカウトされたりといっことがあります。目に留まるようにすることも大切です。どこにチャンスが転がっているか分からないところが、各オーディションの魅力でもあります。自身はソロデビューしたいと思っていても、ソロではなかなか採用されないこともあります。まずはバンドのボーカルとしてデビューしてみるのもいいかもしれません。そのバンドが売れてくれば、そこからソロデビューの道にも繋がっていくことがあるからです。まずは、芸能関係者の目に留まることが大切です。